親café【不登校親の会】


親café【不登校親の会】について

 これまで、不登校傾向のお子さんがおられる保護者の方から「親同士の交流がなく、情報が少ない」「親が『自分の子どもだけが。』と思い閉鎖的になり、悲観する」といったお話を多く伺ってまいりました。

 そこで、親にとっての居場所であり、同じ境遇の人達とともに悩みを相談し合い《共感》、そして心の負担を軽減し、親子揃って自立に向けて支え合い、不登校の解決や克服に向けた経験者たちを含めた情報交換《共有》を行える場として、親café【不登校親の会】を開催しています!



↓ 2019年度の親café ↓


【親cafe第6回】中止

 

 

◆3月13日(金)に予定をしておりました、親café第6回目は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から中止を致しました。2020年度も不登校の保護者の方の「共有」「共感」を目的に、親caféは実施する予定にしております。多くの方のご参加をお待ちしております。


2020.1.17

【親cafe第5回】

テーマ:『学校ではない選択肢を選んで』

 

◆今回のゲストは現在すてっぷに通級している中学3年生の生徒に参加してもらいました!最初は、「教育機会確保法」の話をしました!不登校の児童生徒の学校復帰を前提ではなく、「学校を休むこと」「学校以外での学習活動の重要性」が謳われている法律です!しかし、学校ではない選択肢を選ぶまでには、どのご家庭にも子には子の、親には親の悩みがあり、今の社会は、まだまだ「学校を休むこと」が簡単な選択肢ではないなと改めて感じました!だからこそ、親caféの意義もあるのかなとも思いました!参加してくれた生徒も、自分の経験を話をしてくれて感謝しています!今回も初めて参加していただいた方も増え、良い会になったと感じています!ご参加頂きありがとうございました!


2019.11.8

【親cafe第4回】

 テーマ:『不登校等に対する取り組みについて』

 

 ◆今回は、校長が最初から最後まで参加しました!校長が参加するのだからと、いつもとは少し内容を変えて、現在の不登校に対する鳥取県又は鳥取市の取り組みや現状などを校長から説明させていただきました。鳥取県内では不登校の児童生徒の数は増えており、600人を超えているのが現状です。不登校の原因も当然一人一人違う中で、一人一人に添える教育を考えていくことが大事だと改めて感じました!今回初めて参加していただいた方も増え、良い会になったと感じています!ご参加頂きありがとうございました!


2019.9.13

【親cafe第3回】

 テーマ:『こどもの苦しみ・親の苦しみ』

 

◆今回も、すてっぷのOG生徒2名に参加してもらい、OG生徒の話を中心に会を展開していきました!保護者の方も、OG生徒に質問をたくさんして頂くなど、参加された保護者の方も有意義な会になったのではないでしょうか!今回も予定時間を越えてしまい、すいませんでした!でも、ご参加して頂き、ありがとうございました!


2019.7.13

【親cafe第2回】

 テーマ:『こどもの視点・親の視点・教員の視点』

 

◆今回は、すてっぷのOG生徒、学生指導員にも参加してもらい、こどもの視点の話を中心に話を展開していきました!保護者の方も、実際に不登校を経験した生徒の話を聞いて、「そうなんだ」とか「少し安心した」などの気持ちを持っていただけたのかなと感じています!予定時間を越えて、大変盛り上がった会となりました!


2019.5.31

【親cafe第1回】

 テーマ:『こどもとの接し方』

 

◆在籍児童生徒の保護者の方をはじめ、初めて本教室に来ていただいた保護者の方、ご参加いただき本当にありがとうございました!お子さんとの関わり方や関わる中で困られていること、悩まれていることなど、各ご家庭で全く異なることなど勉強させていただきました!